ブログ

etc...

夏の紫外線とは?

7月に入り本格的な梅雨模様になってきましたね~🌂

それと同時にだんだん蒸し暑くなる季節がやってきました!

そこで1番多い天敵…紫外線!

よく紫外線を浴びるとダメ!と聞きますよね~。
みなさんもご存知かとは思いますが紫外線を浴びてしまうとシミ、そばかすなどの色素沈着を発生し、皮膚細胞を傷つけて老化を促す原因になるからです。

でも紫外線はこうした悪い事だけではなく、実は良い効果も人間にしています。
殺菌効果、ビタミンDの生成など。

世間では紫外線とは1つくくりにされていますが紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類の紫外線があります。

UVCは現在、オゾン層により吸収されてしまうので今回はおいておきます!

UVAの特徴~

UVAは紫外線の中で波長が長いので皮膚の深部まで到達します。
ガラスなども透過し、家の中でも陽の当たる場所では紫外線対策が必要となります。
長時間UVAを浴びると皮膚の老化を促進、表皮にある淡色メラニン色素を濃色メラニン色素に変化させて皮膚を黒化させます。
そして皮膚に障害を与える活性酸素を発生させます。

次にUVBの特徴~

日光を浴びた影響で肌が赤くなったり水ぶくれする日焼けなどはUVBが原因となって起こります。

ただ、UVBはUVAに比べると波長が短いため、日傘や帽子、長袖の衣服、日焼け止めである程度防ぐ事ができます。

紫外線の基本を知ったところで皆さんからご質問の多い紫外線のを書きたいと思います。

Q1.曇っている日は日焼けはしない?

日焼けはします。

天気のいい日に比べると薄曇りの場合は約80~90%紫外線はあり、雨の日の場合は約30%あります。
雲の間から太陽が出ている場合、雲からの散乱光が加わるので逆に快晴の時よりも紫外線が多いです。

Q2.プールや海の水の中では日焼けしない?

水の中でも日焼けはします!

水はわずかな紫外線しか防いでくれません。

ちなみに水深50mで地表の40%の紫外線が届きます!

Q3.冬の紫外線は危険ではない?

一般的に冬の紫外線は弱いのですが、紫外線とゆうのは一年中あります。

今の時期よりは危険性はありませんがお肌や、老化を防ぐ為にも私は冬でも日焼け止めを塗る事をお勧めします。

紫外線の事をよく知っておくと予防が出来るので夏も怖くなくなりますよー♪♪