ブログ

DNA予防美容

糖質摂取リスク型とは??

糖質摂取型に多いのは こんな症状☆彡

特徴はお腹周りから太りやすく

腰に浮き輪肉がつきやすい方。

なぜならば

糖質の摂取で内臓脂肪が蓄積しやすく

お腹周りを中心に上半身の悩みが

多いタイプです。

代謝が悪く、脂肪分解がしにくく

内臓脂肪がつきやすいです。

お腹周りの脂肪量増加で

くびれができづらく糖質の

過剰摂取による肥満に

なってしまう方が多いです。

これはお米文化のある日本の方に多く

この特徴に目をつけ

体質改善を行っているのが

あの有名なライザップさんです。

この方は低GI食品がおススメで

糖質制限ダイエットが効果的です。

汗をかく運動、有酸素運動などが

良く白米よりも玄米や

白よりも茶色ものをチョイスすることが

良いと思います。

糖質を摂取する前に食物繊維を

摂ることで吸収にくくなります。

お酒であれば赤ワイン1杯、焼酎、ウィスキーが

おススメです。

パンやコーヒーは特に危険で果物の食べ過ぎにも

注意が必要です。

ミカンであれば1個、巨峰であれば3粒が

目安です。

パンにはグルテンが含まれており、

近年ではグルテンアレルギーも

多くなってきているので特に

注意が必要です。

グルテンアレルギーは

他のアレルギーと違い

症状としてわかりくいので

気づかずに過ごしている方も

アトピーや肌トラブルを

かかえていらっしゃる方は一度

チェックしてみるのも良いと思います。

是非、参考にしてみてください。

もう少し詳しく知りたい方はご連絡ください♪

LINEにて24時間受け付けております。

(返信が遅れる場合もございますが必ず返信させていただきます。)