ブログ

DNA予防美容

脂質摂取リスク型とは??

脂質摂取型に多いのは

こんな症状☆彡

特徴としては下腹部・おしり・太ももから太る

下半身がどっしりとしています。

洋なし体型と言われる方です。

%e8%84%82%e8%b3%aa%e6%91%82%e5%8f%96%e5%9e%8b

なぜかというと

皮下脂肪が蓄積しやすく下半身の悩みが

多い体型の方です。

日本人の女性に特に多いタイプになります。

原因は体温が上がりにくく、皮下脂肪が

つきやすく皮下脂肪によって

血管・リンパを圧迫してしまいます。

セルライトがつきやすく

脂質の過剰摂取により肥満に

なるケースが多いです。

この方は油で胃もたれを起こしやすいので

マーガリン、ケーキ、カップ麺、

フライドポテト、ポテトチップス、チョコレートなどを

少し控えめに摂取していただく必要があります。

一般の油で使われる

「トランス脂肪酸」は

避けていただき質の良い油に

変えていただくと良いかと思います。

例えば、

オメガ3脂肪酸(えごま油、亜麻仁油)は

良いと思います。

と言っても脂質を

摂らずに生活することは困難ですので

油ものを食べる前には

食物繊維の食品を先に食べると

吸収を抑える効果があるので

おススメです。

お風呂に入る際は

40℃くらいのお湯に

20分ほど浸かることが

効果的です。

40℃くらいにすることで

体の深部から温めることができるので

体温が上がりにくい方にとっては

とても効果的かと思います。

就寝されるときには腹巻きや

レッグウォーマーなど

体が冷えやすい部分を

しっかりと温めておやすみされると

良いと思います。

是非、参考にしてみてください。

もう少し詳しく知りたい方はご連絡ください♪

LINEにて24時間受け付けております。

(返信が遅れる場合もございますが必ず返信させていただきます。)