ブログ

ファスラボで腸から綺麗に♪

医療で使われていた
2種類の炭のハイブリットバージョン 

万病の元「腸の汚れ」には機能性炭

いま「炭」に熱い視線が集まっています。それは老化・病気の元凶である「腸の汚れ」に機能性炭が活用できる事が注目されるようになってきたからです。
腸が食物を運ぶ「ぜん動運動」は野菜などに含まれる植物繊維が腸の内壁を刺激することによって促されます。ところが、現代人は近年の食の欧米化によって肉や脂肪、食品添加物のような消化が難しく、繊維質を含まない食物ばかり食べており、腸の内壁が刺激されないため、消化物を運ぶぜん動運動が起こらないことで、消化物が腸内に滞留してしまいます。 また、現代人に多い運動不足が腸の筋肉を衰えさせたり、ストレスが腸の働きを不活発にしたり、過食が腸を疲れさせたりすることでも、消化物を腸内に滞留させてしまいます。
こうしたことによって消化物が腸内に長期間滞留すると、滞留物が腸の内壁にニカワのようにこびりついて(宿便)、腸の機能を低下させてしまいます。そして、その結果としてさまざまな不調を引き起こし、便秘や下痢はもちろん、栄養素の吸収や老廃物の排出などの腸機能が低下したり、ひどい場合は腸壁が傷ついたり、潰瘍ができたりしてしまいます。

悪玉菌が増殖して毒性物質を産生

腸内には善玉菌や悪玉菌、中間菌などの細菌が無数に生息しています。このうち善玉菌は腸の運動を活発にして排泄を促し、腸内の滞留物が腐敗しないように腸内環境を保っています。
一方、悪玉菌はたんぱく質や脂質などの消化の悪い食物が腸に長期間滞留することで、それらを栄養分として腸内に増殖します。さらに、喫煙や飲酒、不規則な生活、ストレスなども悪玉菌増殖の原因となります。
増殖した悪玉菌は腸内の滞留物を腐敗させ、アンモニアなどの悪性物質やガス、病原菌などを発生させます。腸内に発生する悪性物質には凶悪な「活性酸素」もふくまれていて、活性酸素の異常発生の約90%は腸内だとさえいわれているのです。
そして、腸内で発生する悪性物質やガス、病原菌は、口臭や体臭、腹部膨満感、食欲不振、腹痛、吐き気などを引き起こすばかりか、腸の粘膜から体内に入りこんで、血液に吸収されて全身をかけめぐり、ありとあらゆる病気を引き起こします 。

肌の老化に生活習慣病、アレルギーまで

さらに、悪性物質が血液中に増えることで全身の血行も悪化して、肩こりなどの筋肉硬直を引き起こします。また血行が悪化すると、皮膚細胞への栄養供給も低下して、肌がみずみずしさを失ったり、肌の免疫力が衰えて肌荒れやニキビなどを引き起こします。くわえて、血行不良で肌の新陳代謝も低下することで、新しい皮膚の産生が減って肌が老化したり、メラニン色素の排泄力が低下してシミなども定着しやすくなります。 また、腸内に発生した毒性物質は自律神経を乱す誘因にもなり、自律神経のバランスが狂って頭痛やめまいなどを引き起こしたり、アレルギー性気管支喘息、アレルギー性皮膚炎(アトピー)、アレルギー性鼻炎(花粉症)などのアレルギーの原因となります。

腸の汚れが引き起こす疾患としては、大腸炎、大腸ポリープ、過敏性腸症候群などの腸の病気をはじめ、痔、肝臓病、賢臓病、膠原病、さらには糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病やそれらから生ずる心臓病や脳梗塞などを挙げることができます。腸内に発生する悪性物質の中には発ガン物質も含まれており、とくに大腸ガンは近年急増中です。


難しい個人による「腸内洗浄」

さまざまな問題を引き起こす腸の汚れを解消するため、予防医療先進国の欧米では腸内滞留物を除去する「腸内デトックス」が医学的にも推奨され、一般に普及しています。なかでも「腸内洗浄」はドイツ人医師マックス・ゲルソン博士が始めた健康法として、70年の歴史を持っており、近年ではマドンナやダイアナ妃、ディカプリオなどといったセレブの間でブームになったことで注目を集めています。
こうした腸内洗浄は通常は専門の医師が行いますが、料金が高い、医院の敷居が高い、肛門を人前にさらすのは恥ずかしいなどといった問題もあって、市販のキットやコーヒーエネマなどを使って自分で行う人も多いようで す。しかし、腸内洗浄を個人でやると、衛生面での問題はもちろん、外からの強い刺激で排便することに慣れてしまうことで、自発的な排便が起こりにくくなったり、逆に腸の粘膜が過敏になって一日に何度も便意をもよおす羽目になってしまったケースもあるのです。
さらに、ノズルで繊細な腸の粘膜を傷つけて感染症を起こしたり、腸に穴を空けてしまったり、果ては破裂させたりして、最悪の場合死に至る例もあるようです。一方、便秘などに際して薬学的に便を排泄させることでお馴染みの「下剤」ですが、こちらも腸の自然な排泄力を失わせて次第に下剤に頼りきるようになり、依存症に陥ってしまうという欠点を持っています。

現代女性の肥満の隠れた原因は腸の汚れ

現代女性の大きな悩みの一つが「肥満」です。
現代人の肥満の原因としては、カロリーの取り過ぎなどの食生活、運動不足などの生活習慣、ストレスなどがありますが、これらの原因以外にもう一つの隠れた原因があることはあまり知られていません。 それが現代人に増加中の「腸の汚れ」です。腸の汚れはさまざまな毒性物質を発生させ、腸壁から吸収された毒素が血流に乗って全身を駆けめぐり、病気や老化を引き起こします。ところが、実はこの腸の汚れが肥満をも引き起こしていたのです。
以下に、腸の汚れがどのように肥満を引き起こすかのメカニズムについて説明しましょう。 腸の汚れは、主に消化されなかった食物が長時間腸内に滞留することによって引き起こされます。腸は消化物の排出において最大の役割を担っていますが、その腸が汚れてしまうと、腸の排出機能が低下してしまいます。そして、それによって腸から体外に排出されるはずだった消化物が腸内に滞留してしまい、そこに含まれるたんぱく質や脂肪が腸壁から再吸収されて、血流に乗って全身に運ばれ、体内脂肪として蓄積。体重が増加してしまうのです。

腸由来の活性酸素も体重増加の原因に

腸の汚れは有害な「活性酸素」も大量に発生させます。活性酸素は身体中の細胞の細胞膜を酸化して有害な「過酸化脂質」へと変えてしまう凶悪物質です。細胞膜が過酸化脂質に変わってしまうと、細胞膜の透過性が低下して細胞への栄養や老廃物の出し入れが滞ることで、細胞の活動が衰えてしまいます。その結果、基礎代謝が低下して、消費カロリーが少なくなったり、脂肪を血液に乗せて体外へ排出する力も衰えて、脂肪が体内に蓄積してしまいます。なかでも中高年や女性は基礎代謝が相対的に低いので、腸が汚れることでますます太りやすくなってしまうのです。
とくに脂肪が蓄積するのは内臓です。内臓に脂肪が増えると、おなかがぷっくりと出てきます。そして、内臓脂肪が増えるにつれてウエストが太くなり、次第に腰のくびれがなくなって、ついにはリンゴや洋ナシのような体型になってしまうのです。
こうなると太ってしまったことが精神的ストレスとなって、自律神経のバランスが狂って腸の働きがますます低下。さらに滞留物が蓄積して体内脂肪が増えるという悪循環を繰り返します。こうした体重増加の負のメカニズムが現代人を悩ませる肥満の隠れた原因となっていたのです。
腸の汚れを解消することで体重減少

このように腸の汚れは現代人の肥満の隠れた原因となっていますが、逆に言えば腸の汚れを解消すれば肥満を解消することができるということです。
すなわち腸の汚れを解消することによって、腸の消化機能を改善。腸内滞留物が含むたんぱく質や脂肪がスムーズに体外に排出されることで、これらが腸から再吸収されて体内脂肪が蓄積するのを防ぐことができるのです。
さらに腸の汚れを解消すれば、活性酸素の発生量も減少。細胞膜が活性酸素によって酸化されて細胞膜の透過性が低下し、細胞活動が低下するのも防ぐことができます。その結果、基礎代謝が向上して消費カロリーが多くなるのにくわえて、脂肪を血液に乗せて体外に排出する機能も向上して、体内脂肪が減少。体重を減らすことができるのです。

「腸内デトックスケア」にいま注目が

では、どのようにすれば肥満の原因である腸の汚れを解消してダイエットにつなげることができるのでしょうか? 腸内に堆積した滞留物は時間が経つにつれて次第に硬さを増し、腸の内壁にべっとりとこびりついて、通常の排便ではどんなに頑張っても出すことができなくなってしまいます。
そんな頑固な腸の汚れを解消するための有効な手段が「腸内デトックスケア」です。腸内デトックスケアは予防医療が発達した欧米ではすでに一般的で、マドンナなどのセレブの間で愛用されている健康法です。その代表である「腸内洗浄」は、専用の器具などによって腸内を洗浄することで、長年にわたって蓄積した腸の汚れをきれいにすることができます。 しかし、本来専門の医師によって行われるべきこの腸内洗浄は、コストの問題などもあって、市販のキットを使い自前で行う人も多くなっています。しかし、個人による腸の洗浄は、衛生面、安全性、依存性などの問題が指摘されています。一方、 便秘などへの対処法としてお馴染みの下剤は、腸の自然な排泄力を失わせて、下剤依存症になってしまう副作用を持っています。


簡単かつ安全な「炭デトックスケア」

そんな中、腸内デトックスケアのための画期的手段として注目されているのが“炭”です。自然の草木から作られる炭にはミクロの孔が無数に空いており、強い吸着作用を持っています。そして、その強力な吸着作用によって、頑固な汚れを驚くほど効果的に吸着してくれます。そして、そのまま排泄してくれる強力なデトックスケア効果を期待できるのです。
その炭を活用することで、器具や下剤を使う危険を犯すことなく、溜まった汚れを簡単かつ安全に解消することができ、辛い食事制限やエクササイズなどの苦労なしに気軽にダイエットを行うことができるのが「腸内デトックスケア」なのです。

デトックスできる主な有害物質と数値

食品添加物(アレルギー・体調不良の原因)→100%
胆汁酸(大腸癌の原因)→97%
AGEs(老化の原因)→100%
水銀(精神疾患・体調不良の原因)→100%

お酒を飲むと出てくるアセトアルデヒド→100%

プリン体→100%

ニコチン→100%
従来の炭によるデトックス数値

食品添加物(アレルギー・体調不良の原因)→5~0%
胆汁酸(大腸癌の原因)→0%
AGEs(老化の原因)→17~2%
水銀(精神疾患・体調不良の原因)→9~2%
召し上がり方
1日250ml~500ml(0.25g~0.5g/耳かき3杯~5杯程度)

無味無臭で温度変化にもサッと溶けますので何にでも混ぜて召し上がることができます。

目安:お湯(お茶、コーヒー)120ml~150ml にティースプーン1/3~1/2(約03.g~0.5g)

【炭茶】
淹れ方:湯呑茶碗にティースプーン1/2弱の炭茶を入れ、お湯を注ぎ静かにかき混ぜる。

【炭入り緑茶、炭コーヒー】
飲み方:お茶、コーヒーなどのお飲み物に、直接ティースプーン1/2弱の炭茶を加えかき混ぜて頂く。

目安:お米2~3合に小さじ1(約3g)

【炭ごはん】
炊き方:1 お米2~3合を測って研いでおく
炊き方:2 研いだお米を炊飯釜に移し、小さじ1杯程度の炭茶と水を加える
炊き方:3 通常よりやや多め(約1割増し)の水加減で炊く

目安:小麦粉100gに対し大匙1~2杯(約5~10g)

【炭シフォンケーキ】
通常の作り方に炭茶をプラス
目安:小麦粉70gに対して炭茶大さじ1強(7g)

【炭サブレ】
通常の作り方に炭茶をプラス
目安:小麦粉70gに対して炭茶大さじ1強(7g)

【炭ハンバーグ】
目安:ひき肉300~400gに小さじ1/2程度の炭茶

薬やマルチビタミンなどの同時摂取はお控えください。
炭が吸着する可能性ありますので30分以上時間を空けての服用をお勧めします。
【炭飲用タイミング例】
(1)
外食もほとんどせず、主食、主菜、副菜のバランスを守って1日3食食べている健康的な方(腹8分目を心掛けている方)
⇒1.5振り/日:朝昼晩食後1時間以上開けてから0.5振り
or
寝る前に1.5振り
※健康な食生活(腹8分目)を心がけている方は、
朝昼晩のごはんで栄養補給しているので食前やごはんと一緒に摂取することは必要な栄養素を吸着する可能性あるため、食後1時間以上開けてから摂取。

(2)
外食もほとんどせず、主食、主菜、副菜のバランスを守って1日3食食べている健康的な方(腹一杯(腹8分目より多く)に食べてしまう方)
⇒1.5振り/日:食前または食後に0.5振り(血糖値対策、過剰に摂取したカロリー対策)
or
寝る前に1.5振り
※下記シーンごとに目安量と目安タイミングを記載

① 昼食に外食が多い方

食品添加物、悪い油対策

食前または食後に1.5振り

② 夕食に外食が多い方

食品添加物、悪い油対策

食前または食後に1.5振り


③ 中華料理をよく食べる方
「中国野菜」使用の可能性高い場合

重金属対策

食前または食後に1.5振り

④ ファーストフードをよく食べる方

AGEs対策、トランス脂肪酸対策、悪い油対策

食前または食後に1.5振り

⑤ パンやケーキなどをよく食べる方

AGEs対策

食前または食後に1.5振り


⑥ 魚料理をよく食べる方

深海魚(金目鯛、あんこう)や大型魚(マグロ、カツオ)などを含む寿司を食べる時。

水銀対策

食前または食後に1.5振り

⑦ 肉料理をよく食べる方

AGEsや油への対策

食前または食後に1.5振り

⑧ お酒を毎日飲まれる方

アセトアルデヒド対策(二日酔い、悪酔いなど)

食前または食後に1.5振り


⑨ 血糖値が高めの方

食前に0.5~1.5振り

⑩ LDLコレステロール値が高めの方

食前または食後に0.5~1.5振り(1.5~3振り)

⑪ 血圧が高めの方

食前または食後に0.5~1.5振り(1.5~3振り)

⑫ 健康維持の為、他のサプリメントを毎日摂取している方

炭が吸着する可能性あるため
30分以上飲用タイミングをずらす

⑬ 薬を服用している方

炭が吸着する可能性あるため
30分以上飲用タイミングをずらす。

 

趙から綺麗をつくりましょう♪